ブログトップ

nasukeiko@那須慶子blog

nkeiko.exblog.jp

映画

ベンダで伏し、ドアーズで床上げ。医師に風邪引いたらおしまいですからねって言われてたので、おしまいを経験しました。
b0099751_12112144.jpg
打ち合わせ行って、領収書渡して、都築さんのニューエイドス観て、ピー子さんの展示も観て、図書設計の手塚装丁見て~、翌日、[ベンダビリリ~もう一つのキンシャサの奇跡]みて、ギャラリー行ったら夜中高熱。29日のハナさんの展示は差し入れしてバタン。近所を通られた方が私が連発で咳をしてるんで心配されてメールしてきてくださったほど。

「スタッフベンダビリリ」はどん底から這い上がる感動をいただきました。大成功して、映画の中からそのまま、日本に来たんですねー。ライブも観たかった。ロジェはヒーローです。成長しての出会いは感動でした。

b0099751_12113928.jpg
[when you're strange]
世の中がピンクレディやキャンディーズで盛り上がる頃、nicoが「the end」を唄っているカセットを姉が貰ってきて私がハマリました。ディスズ ジ エン~♪と始まる曲、おしまいの曲ですから憂鬱です。でもdoorsの曲で一番好きになりました。それがdoorsとの出逢いです。映画は編集が抜群に魅惑的。私が知った頃には事務も離村(←どう?この変換)ジム・モリソンは丸く、既に亡くなっていましたので、、映画は時代背景が明快で、どんなに希少なバンドだったかが一緒に体感できました。この箇所で何故、叫ぶのか、何故ここでオルガンがずっと鳴り響いているのかがよ~~く解りました。醜い部分丸出し、だからこそ、それが輝いていて、眉をひそめる部分も吹っ飛ぶかっこいさ。美しい存在だったのも解りました。b0099751_1934537.jpg

今ごろ、キーボードのRayManzarekに053.gif
いい映画でした。



更に時代遡って、スティーブ・マックイーンが全盛の頃、このかたもまた、どこがカッコイイのか幼な心に解らないまま、亡くなってしまいました。
b0099751_1291017.jpg
学生時、小学生の頃スティーブ・マックイーンを好きだったという人に出会ったときは、魅力を根掘り葉掘りを聞き出してたほど。いまよーく解ります!

今NHK BS1で日本のロック誕生が22時半から30分
スティーブ・マックイーン特集が22時からBShiであっていて
映画後、山本晋也監督と、佐野史郎さんとのシネマレビューが面白くて、観続けてます。


来週、来年の打ち合わせ後にライブにいけるよう、今週全部仕上げる!宣言。


*********************************************
[PR]
by nice-keiko | 2010-11-04 10:29
<< 峠越え ここは >>