ブログトップ

nasukeiko@那須慶子blog

nkeiko.exblog.jp

泣いたり笑ったり

b0099751_11152439.jpg
近所のアパートに越してきた小さいお子さん連れの家族。先日上でお布団干していたらその子ども(3歳かなー?)が見て見てーと私を指差すので「おはよ」というと、お母さんが出て来て、みんなでご挨拶。またまた見上げて「今から原宿幼稚園行くの~。桃組なの~」というので「年長さんですね~」というとモゴモゴ・・・「あ、すみれ組です」だって。「これお弁当」と言って、お弁当bagを見せてくれた。奥の工事現場にはトラックから降りてきたニッカボッカの男達が大きなお弁当bagを持っていた。みんなかわいい。奥さんやお母さんがつくったお弁当bag持ってそれぞれの任務に向かう♪園児はウレシそうに手を振って登園していった。あー、かわい〜い。

そのあと清掃車が来た。押入れにあったいろんなものを捨てた。目を瞑って捨てたものも多い。シールの山とか良いテストの山とかw。17年一緒に居た猫達と寝てた毛布も思い切った。端っこが破れて汚くなっていたけど捨てられず、亡くなっても使っていたが流石にぼろすぎてここ数年は閉まってただけだ。8年経ったし、と思い切って捨てた。が、清掃員3人で野球の話している中でその毛布がグイグイ清掃車に入り込んでいくのを観たら涙が止まらなかった。

あんなに片付けたのに押入れやベッドの下なので見た目はなーんにも変わらないの。ふん。
[PR]
by nice-keiko | 2010-06-05 17:14
<< 展示 保存 >>